自転車メーカーとショップのリンク


伊勢本街道を走る



自転車メーカーのサイトへのリンクです。
1990年以降増え続けている輸入自転車の増加によって自転車メーカーの勢力地図って何時の間にか随分と変わっていました。


完成車のベンダー

深谷産業

名古屋の輸入商社/卸問屋さんです。
オリジナルフレームの高級車も扱っています。
輸入品はエディメルクスやカンパニョーロ、TAなど。
オリジナルフレームはロードバイク系のGHISALLO(ギザロ)、ランドナー系のDAVOS(ダボス)、マウンテンバイク系のD-SYSTEM(D-システム)のラインナップがあります。
特に現在はあまりラインナップされないランドナーのDAVOSは希少価値が高いです。
カタログにあってもラグが無くて作れないとか、受注生産なので納期がかかるとか入手は大変ですが、それだけに入手したときの喜びは大きいものになります。

ケルビム

東京町田のオーダーメイド自転車のブランドです。
一台づつハンドメイドで作ってくれる職人さんがいるお店なので徹底的にこだわって自分だけの一台を作ることが出来ます。

アンカー(ブリヂストンサイクル)

日本の自転車産業のトップメーカー。
1990年より前は日本で売られている自転車の殆ど100%が国内生産のものでした。その中で長くトップシェアを持ち、何時も新しい形の自転車を出し続けています。
40代のおじさんには懐かしいロードマン、ハブダイナモで暗くなると自動的にライトがつく点灯虫など常に日本の自転車を進化させ続けているメーカーです。

丸石サイクル

ブリヂストンと並ぶトップメーカー。
いい自転車を出しているのですが、倒産したり色々と紆余曲折の有る会社です。
ブリヂストンのロードマンに対抗して出したロードエースのイメージキャラクターは石野真子さんでした。懐かしいですね。
エンペラーは今でも入手可能な大手国産メーカー製のランドナーの完成車として根強い人気が有るようです。
現在は高級スポーツバイクのJAMISと子供やペットと一緒に乗れるふらっかーず、通学用の軽快車を中心に扱っています。

宮田工業

koga-miyataのブランド名でフルカーボンの100万円クラスの高級自転車も扱っています。
ティーンズDXなどの通学用自転車も上質なものが揃っています。
防災機器を扱っている人や消防関係者には消火器メーカーとして有名な宮田工業のことです。
「消火器のミヤタ」という認識の有る方にはイメージしにくいですが、1890年(明治23年)に国産第一号の自転車を作った伝統の有る自転車メーカーです。
もっとイメージしにくいのは松下電器産業のグループ会社ってことでしょうか?
松下電器産業グループ内には宮田工業とナショナル自転車工業の2社も自転車メーカーが有るんですね。

ツノダ

「ツンツンツノダのテーユー号」っていうテレビコマーシャルの歌を覚えている人はおじさん世代だけでしょうか。
わからない人はメーカーのサイトに懐かしのCMが残されているのでご覧ください。
昭和30年代、40年代の子供にとっては自転車を買ってもらえるのは凄いうれしいことで、ピカピカの自転車は憧れの的でした。

東叡社

フレーム製作を専門とするフレームビルダーです。
現行の部品であれば完成車の注文も可能です。

ノートン自転車工業

オリジナルフレームのランドナーも作っている数少ないブランド。
ツール ド フランスで戦えるような自転車も扱っています。

パナソニックサイクルテック(旧:ナショナル自転車工業)

松下電器産業の創業期は自転車用の懐中電灯と乾電池が主力商品でした。
その流れを受け継いだ電池工業は他の追随を許さないキーデバイスとして圧倒的な強みを持っています。
そんな技術を活かしたカーボンモノコックフレームのエスプレッソシリーズ、ハイドロフォーミングフレームの小径車レ・マイヨ、曲がりくねったフレームが個性的なグランディから電動アシスト式の自転車やライアバードシリーズのような大人が街を楽しく走れる実用的な自転車まで幅広く充実しています。
Panasonicの公式通販も自転車を扱っています。

ヤマハ発動機

オートバイの名門ヤマハ発動機が自転車に参入したのは1993年、安価な輸入車が増え自転車から撤退する企業も出始めた頃です。
人力と電気とを融合させた世界初の電動ハイブリッド自転車としてヤマハPASが発売されました。
上り坂でも楽なので女性を中心に大人気です。

ラレージャパン(新家工業)

ツバメ号が懐かしい新家工業がイギリスの名門ラレーを日本にもって来ました。
手ごろな価格のロードバイクから日常使いにも便利でおしゃれなクラブスポーツモデルまで扱っています。
クラブスポーツモデルはおしゃれを決めて自転車通勤したいけどママチャリではちょっとという方にお勧めしたいです。

テスタッチ

ロード、シクロクロス専門のメーカー。
薄肉パイプの特殊溶接加工の東洋フレームのフレームを使ってシマノ&スギノ及びリッチー・パナレーサー・アラヤ・ディズナなどのこだわりのパーツを使って組まれた完成車です。
東洋フレームの経営者の思いのページを読めばテスタッチがいかにコストパフォーマンスに優れた自転車かわかると思います。

ルイガノ

最近人気のカナダのメーカー。
プロユースのロードレーサー、マウンテンバイクから手ごろな町乗り自転車まで幅広いです。

ビアンキ

イタリアのメーカー。
チェレステと呼ばれる独特の黄緑色の自転車で目を引きます。
プロユースのロードレーサーから子供用まで幅広くあります。

ジャイアント

台湾に本拠地を置くメーカー。
ピンからキリまで何でも有る感じです。

スペシャライズド

ロードもマウンテンバイクもハイエンドな製品が中心です。

チネリ

デ・ローザ、コルナゴと並ぶ憧れの高級ブランド。
20万円ぐらいの手軽なものもあります。

ブートレグ

チネリのもう一つのブランド。
都市の路地を駆け抜ける存在
マットブラックの車体で車社会に反逆するための武器

コルナゴ

エルネスト コルナゴが作るマシンに乗った史上最強の選手エディ メルクスの勝利とともにロードレースを切り開いたブランド。
特徴的なストレートフロントフォークとクラブの紋章がトレードマークです。
自動車の名門フェラーリと共同開発した素材を採用するなど常に最先端のテクノロジーを搭載しています。

デローザ

コルナゴの次にエディ メルクスにフレームを供給したのがデローザの創始者ウーゴ デローザ。
あくまでもイタリアの工房での手作りにこだわり生産数が少ないので希少価値あり。
De Rosaの「o」がハートマークになっていてかわいいけど、デローザの入門モデルで30万円、ほとんどが軽自動車が買える値段です。

カワシマサイクルサプライ

Pinarello(ピナレロ)、OPERA(オペラ)などを扱う堺の問屋さん。

キャノンデール

アメリカのブランド。
ハイエンドなロードレーサーやマウンテンバイクに定評があります。

トレック

アメリカの大手自転車メーカーです。
アメリカ国内でしか製造が許されていない宇宙産業向けのカーボン素材を採用するなど先進的なバイクがラインナップされています。

ジオス

イタリアの歴史のあるメーカーです。
ジオスブルーと呼ばれる青いフレームが美しいです。
また、細身のスチールフレームを作り続けている最先端だけではないところもお勧めです。

パーツのメーカー

シマノ

自転車用コンポーネンツのトップメーカー。
ロード系のDura-Ace、Ultegra、105、Tiagra、SORA。
マウンテンバイク系のXTR、DEORE XT、Deore、SAINT、HONEなど。

カンパニョーロ

自転車用コンポーネンツのトップメーカー。
イタリアのメーカーですがありがたいことに日本語のページも用意されています。
Record(レコード)、Chorus(コーラス)、Centaur(ケンタウル)、Veloce(ベローチェ)、Mirage(ミラージュ)、Xenon(ゼノン)。

スギノ

クランクセットの専門メーカー。
昔はスギノのクランクセットにサンツアーのディレーラーという組み合わせも多かったのですがサンツアーが倒産してオールシマノという風潮の中でがんばっています。

タイヤ

ビットリア

ロードレースタイヤの代名詞ともいえるVittoria。
多くのプロチームも愛用しています。
軽くしなやかな乗り心地を追求するためTPIの高さにこだわっています。

シュワルベ

ロードレース用もMTB用もツーリング用も充実しているドイツのブランド、SCHWALBE。
丈夫で長持ちのツーリング用タイヤMARATHONが人気です。

パナレーサー

ロードレース用、MTB用はもちろんママチャリ用から車椅子用まで充実している日本のブランド。
通勤用クロスバイク向けのTourkinist(ツーキニスト)シリーズは日本の道路事情を知り尽くした日本メーカーならではのものです。

マキシス

幅広くラインナップをそろえるメーカーです。
転がり抵抗の低さとグリップ力の確保という相反する要求を満たすためにオリジナルのコンパウンドにこだわります。

タイオガ

どちらかというとマウンテンバイク用タイヤのイメージのあるタイオガ。
日本語のサイトがないので本国(アメリカ)のサイトにリンクしています。

ミシュラン

自動車用やオートバイ用タイヤのイメージのあるMichelinですが自転車用もちゃんと作っています。
日本のmichelin.co.jpは自動車とバイクだけで海外のサイトにリンクしています。

自転車の付属品小物

キャットアイ

サイクルコンピュータとライト製品。
私も愛用しています。

ホーザン

自転車用工具。
ホーザンブランドとパークツールブランドがあります。

トピーク

自転車用工具、ライト、バッグ、泥除け。
自転車用バッテリーライトの最高峰ムーンシャインシリーズを扱っています。
普通の人には一桁間違っているとしか思えない値段が素晴らしいです。
ハンディーツールも自転車専用のラインナップが充実しています。
ハンディツールなのにペダルレンチやチェーンカッターも付いていて出先でのトラブルもその場で解決できます。

パールイズミ

サイクリングウエア
ジャージやレーパンなどのトップメーカー。
快適なサイクリングは快適な服装が必要です。

自転車のショップ

自転車館びーくる

B1、BIANCHI(ビアンキ)、DAHON(ダホン)SENTURION(センチュリオン)、FELT(フェルト)、GIANT(ジャイアント)、GIOS(ジオス)、GT(ジーティー)、InterMax(インターマックス)、Jamis(ジェイミス)、KONA(コナ)、LAND GEAR(ランドギア)LOUIS GARNEAU(ルイガノ)、Maruishi(丸石)、PEUGEOT(プジョー)、Raleigh(ラレー)SCHWINN(シュウイン)、SCOTT(スコット)、SPECIALIZED(スペシャライズド)
山口県の大型専門店、通販もしています。

アトミックサイクル【楽天市場】
アトミックサイクル【Yahoo】

Cannondale(キャノンデール)、BIANCHI(ビアンキ)ANCHOR(アンカー)、DAHON(ダホン)、FELT(フェルト)、GIANT(ジャイアント)InterMax(インターマックス)、KONA(コナ)GIOS(ジオス)、GT(ジーティー)、Jamis(ジェイミス)LOUIS GARNEAU(ルイガノ)、PEUGEOT(プジョー)、SCOTT(スコット)、SCHWINN(シュウイン)SPECIALIZED(スペシャライズド)
インターネット通販の専門ショップ。

自転車のきゅうべえ

BIANCHI(ビアンキ)ANCHOR(アンカー)、DAHON(ダホン)、FELT(フェルト)、GIANT(ジャイアント)InterMax(インターマックス)、KONA(コナ)GIOS(ジオス)、GT(ジーティー)、Jamis(ジェイミス)LOUIS GARNEAU(ルイガノ)、PEUGEOT(プジョー)、SCOTT(スコット)、SPECIALIZED(スペシャライズド)koga miyata、RITEWAY(ライトウェイ)MERIDA(メリダ)SENTURION(センチュリオン)SCHWINN(シュウイン)
京都の自転車専門店、通販もしています。

アリスサイクル【楽天市場】

大阪の自転車専門店、通販もしています。。

自転車のトライ【楽天市場】
自転車のトライ【Yahoo】

長野県飯田市の自転車店、通販もしています。

RIDE ON

サイクルショップリンリン甲子園店が運営する通販専門ショップ、リアル店舗とは別組織の運営だそうです。

シルベスト

大阪の自転車専門大型チェーン店、通販もあります。送料が安いです。

ワールドサイクル【楽天市場】
ワールドサイクル【Yahoo】

大阪の自転車店、通販もしています。
スギムラのリカンベントも扱っています。

SWITCH

岐阜の自転車・サイクルパーツショップの通販サイトです。
主な取り扱いブランドはジャイアント、ジェイミス、サンヨー、ミノウラ、キャットアイ、OGK、イノアック、FLINGER。
サンヨーの電動アシスト自転車がイチオシだったり、ショップ向けのツールが豊富だったり不思議な品揃えです。

ミニベロのBe.BIKE【楽天市場】
ミニベロのBe.BIKE【Yahoo】

オリジナルのミニベロの通販サイトです。
小径車や折畳み自転車と言うとホームセンターで売られているイメージが有って安物の走らない自転車という印象がありますが、ここのは良いパーツを使っていてなかなか走りそうです。
デザインも一味違います。

(有)ケーケー山本自転車店

伊勢神宮外宮の近くの自転車店です。
通販はしていません。

お勧めの自転車
ランドナー
ロードレーサー
マウンテンバイク
クロスバイク
ミニベロ・小径車
通勤通学用自転車






伊勢本街道を走る

掲載した情報は私が独自に調べた物です。もし、間違いやお気付きの点が有ればblogの方にコメントしていただけると助かります。