自転車通勤にあると便利なもの


伊勢本街道を走る 
自転車通勤のメリット  自転車通勤の出来る範囲  自転車通勤に適した自転車選び  自転車通勤の促進


自転車通勤に自転車が必要なのは当たり前ですが、自転車以外にも必要になるものがあります。
また、標準で自転車に付いてくるものと交換する事でより快適に出来るオプションパーツもあります。

ライト

自転車通勤にライトは必需品です。
自転車に付属のライトがあっても、ブロックダイナモはペダルが重くなるし、軽いハブダイナモでも停車中はライトが消えてしまいます。
LED式のバッテリーライトは明るくて電池も長持ちするので便利です。

尾灯

標準のリフレクターでも無いよりはマシですが、ピカピカと発光する電池式のLEDランプは良く目立つので事故防止には効果を発揮します。

ヘルメット

不意の転倒や事故に遭遇した時、もしかしたらヘルメットが命を守ってくれるかもしれません。
本格的なものでも6000円程度からあります。

グローブ

冬の寒い時期はもちろん夏の暑い時期でもグローブがあるとハンドルを握る感覚が違います。
歩道の段差などでしびれるようであればグローブをしましょう。

サングラス

夏場だけでなく全てのシーズンに便利な装備です。
虫やゴミなどがいきなり眼に入れば事故にもなりかねません。
目を保護するアイテムも重要な快適装備です。

バッグ

自転車用品ブランドのメッセンジャーバックがあれば街を走りぬけるのも楽しくなると思います。
気分で選びたいです。

スタンド

ママチャリには標準装備でも、スポーツバイクではオプションです。
一日中乗っているツーリングには必要なくても、通勤のためには必需品
スタイルを壊さない格好良いのを選びたいです。

かぎ

ママチャリの中には標準装備のモノがありますが、スポーツバイクではオプションです。
会社の駐輪所でもちゃんと施錠しましょう。

空気入れ

タイヤの空気圧の管理は自転車メンテナンスの基本です。
パンク予防のためにも空気圧の管理は自分でしましょう。

携帯工具

走行中のトラブルの多くは路面からの振動でボルト類が緩んだりするものです。
走行前に自転車を地面から10cmぐらい持ち上げて軽く落としてやると、ボルトに緩みがあればカチャカチャと音がします。音がしたら緩んだボルトをマシ締めしてください。
こんな時、携帯用の工具が手元にあればとても便利です。

サドルバッグ

携帯工具や鍵などを収納するのに便利です。

サイクルコンピュータ

なくても走れます。
でも、走っているスピードが分かったり、走った距離が分かれば通勤がもっと楽しくなります。

保険

自転車が加害者になる事故が増えています。
自動車と同じく加害者になってしまった場合は損害賠償を負わなくてはなりませんが、自転車の場合保険に加入していないことが多く自動車で事故を起こすより悲惨なことになっているともいわれています。
自動車保険のオプションで自転車走行中の事故も補償してくれるものがあります。
自転車に乗る機会が多い人はぜひお勧めしたいです。
私は全労済のマイカー共済に「自転車賠償責任補償特約」を付けています。
------------------カタログによると------------
主たる被共済者、その配偶者、それぞれの同居の親族および別居の未婚の子が自転車の所有・使用・管理に起因する偶然な事故により、他人を死傷させたり、他人の財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を被ったときに共済金をお支払いします(1事故あたり対人・対物合計で最高1000万円が限度)。
●示談交渉サービス付き
●ご家庭に自転車が何台あっても補償します。
------------------引用終わり------------
これで月々110円です。
そろそろ自動車保険の契約更新の方は 【凸版印刷/NTTイフ】自動車保険で調べてみることをお勧めします。



伊勢本街道を走る

掲載した情報は私が独自に調べた物です。もし、間違いやお気付きの点が有ればblogの方にコメントしていただけると助かります。