自転車通勤に適した自転車選び


伊勢本街道を走る 
自転車通勤のメリット  自転車通勤の出来る範囲  自転車通勤にあると便利なもの  自転車通勤の促進


.


通勤に最適な自転車とはどんな自転車でしょうか。
通勤用の自転車という視点から選ぶポイントを見ていきましょう
自転車通勤を快適に長く続けるために必要なことを考えると次の3点に集約できるのではないでしょうか

乗り心地が良いこと

まずは乗り心地が良いこと、これに尽きます。
乗り心地が良く、乗っていて楽しいと感じられるようでなければ長続きしません。
乗り心地に影響する要素は、負担のかからない姿勢と道路からの衝撃の少なさです。
長時間、高速で走る時、体重の全てをお尻にかけていてはお尻が痛くなってしまいます。
ロードレーサーのようなドロップハンドルは体重をハンドルにも分散してお尻への負担を和らげますが、慣れないと辛い姿勢です。
また、前傾姿勢のため視界が悪くなります。
かといって、ママチャリのようなドッカリとサドルに腰を下ろすのも長距離には向きません。
そう考えると、クロスバイクと呼ばれるジャンルの自転車の乗車姿勢が適しているといえるでしょう。

自転車通勤をするにあたり自転車専用に整備された道だけで通勤できる人はいないでしょう。殆どの人は歩道を通ったり車道を走ったりになると思います。
元々歩道は歩行者が通行する場所であり自転車を含め車両が通行するようにはできていません。その証拠に歩道は段差だらけです。
歩道の段差を乗り上げる衝撃はパンクの原因にもなるしハンドルを取られて危険です。
こんな段差もサスペンション付きの自転車ならばかなり不快さが緩和されます。
また、素材自体の持つしなやかさを利用して振動を吸収するようになっている自転車も数多くあります。
サスペンション自体は高価な部品で重量も重くなりがちです。過剰なサスペンションは重くなり快適性を損なうのでサスペンションばかりに目が行くと選択を誤ります。

楽にスピードが出せること

乗り心地とも関係しますが、同じ努力でより多くの成果が出たほうが快適で楽しいものです。
同じ距離を通勤するのであれば速度の出しやすい自転車で短時間で通勤を済ませたほうが楽で続けやすいものです。
スピードの出しやすさはタイヤの性能、ギアなどの性能、自転車の重量が影響しています。
マウンテンバイクは泥道や砂利道を走るために大きなブロックパターンがあり転がり抵抗が大きくなっています。
車輪が回転する時の抵抗が大きいためにスピードが出しにくくなっています。
通勤用にはある程度のエアボリュームがあってブロックパターンの小さなものが良いです。
坂道もあれば風の強い日もあることを考えると変速機能は必須です。
重たくなるけれど通常の使用ではメンテナンスが必要ない内装式と多少のメンテナンスは必要になるけれど軽く高性能のモノが作れる外装式が有ります。
内装式は3段から8段、外装式は8段から30段まで色々有りますが値段と段数はあまり比例していません。
ギアはお金次第でピンからキリまであります。
高価な部品ほど加工精度が高くスムーズに動き、軽く丈夫に出来ています。
余程こだわらなければギア周りのパーツはSHIMANO製になると思います。
通勤用であればロード系ならばSORA、TIAGRA、マウンテンバイク系ならばALIVIO、Deoreで十分だと思います。
またシマノの中でコンフォート系と呼ばれているALFINE、NEXAVEという製品も魅力的です。
完成車でもこれらのパーツに何が使われているかで目安に出来ると思います。

安全なこと

通勤の場合、特に冬場は帰り道が既に暗くなっています。
通勤用の自転車にはライトや尾灯などの安全装備がなくてはなりません。
シティサイクルと呼ばれている種類の自転車ではライトも標準装備されていることがありますが、スポーツバイクの場合は別売りの場合が多く自転車を選ぶ時にこれらの備品の予算も忘れずに確保する必要があります。

通勤通学用自転車のまとめ


伊勢本街道を走る

掲載した情報は私が独自に調べた物です。もし、間違いやお気付きの点が有ればblogの方にコメントしていただけると助かります。