自転車通勤の出来る範囲


伊勢本街道を走る 
自転車通勤のメリット  自転車通勤に適した自転車選び  自転車通勤にあると便利なもの  自転車通勤の促進



誰にとってもメリットだらけの自転車通勤ですが、ではどの程度の距離なら自転車通勤できるのでしょうか。
先ずは通勤時間、首都圏では1時間以上の通勤というのも珍しくはありません。
しかし、自転車で1時間も走っていては疲れてしまいます。
だいたい30分までが適度な運動になるのではないでしょうか

一方、自転車で走れる速度はどのぐらいでしょうか
ロードレーサーのような自転車では時速30キロ以上で巡航することも可能ですが、通勤用の自転車ではせいぜい20km程度が限界だと思います。
信号待ちが多かったり上り坂が多い場合はもっと遅くなりますが、とりあえず時速20kmで計算することにします。

時速20kmで30分で移動出来る距離は約10km、これが自転車通勤の範囲となります。
では10kmってどんな距離なんでしょうか
地図に半径10kmの円を書いてみました。

三重県津、松阪、伊勢の自転車通勤圏
津、松阪、伊勢の自転車通勤圏
津、松阪、伊勢の各駅前から10kmの円を書きましたが、かなり広範囲までカバーできている印象です。
松阪や伊勢の旧市街地はまるまる通勤圏になっていると言えます。

東京・新宿の自転車通勤圏
東京・新宿の自転車通勤圏
新宿を中心に円を書きましたが、23区の半分ぐらいの地域が円内になりました。
乗り換えや駅までの移動を考えると自転車のほうが早く到着できるケースが多くありそうです。

大阪・梅田の自転車通勤圏
大阪・梅田の自転車通勤圏
大阪の場合は市内の殆どが通勤圏になりそうです。

名古屋・栄の自転車通勤圏
名古屋・栄の自転車通勤圏
名古屋の場合も市内の殆どが自転車通勤できそうです。



伊勢本街道を走る

掲載した情報は私が独自に調べた物です。もし、間違いやお気付きの点が有ればblogの方にコメントしていただけると助かります。