櫛田川(勢和地区)を走る

三重県内のプール 伊勢本街道を走る



櫛田川は高見山(標高1249m)を源とし蓮川、佐奈川、孫川を集め、松名瀬で伊勢湾に注いでいる全長約85kmの一級河川です。
倭姫命が天照大神の鎮座地を求めて諸国を巡行の際、この地で櫛を落とされたことからこの名がついたとされる古くから歴史の舞台となった川です。
奈良時代初期から丹生の水銀、木材の水運が発達し、三井財閥を起こした松阪商人の起源となる射和(いざわ)商人を生んでいます。

今回紹介するコースは、松阪多気橋から津留橋を経由して松阪市を走り波多瀬橋から多気町内を走り再び津留橋を渡り松阪側を走って松阪多気橋に戻る8の字コースです。
今回紹介するルートは全行程舗装路で適度なアップダウンがあることからランドナーやロードレーサーがお勧めです。
交通量の多い道を通るので子供連れのファミリーにはあまりお勧めはしません。


松阪多気橋→鍬形→津留→小片野→波多瀬橋→朝柄→丹生→津留→庄町→松阪多気橋

津田小学校 伊勢本街道のルートにも当たる津田小学校前の道です。
道幅が狭いのに車の往来が多いので気をつけて走る必要があります。
鍬形 鍬形のあたりまでは比較的平坦で走りやすいです。
この先の伊勢自動車道をくぐるところあたりがちょっとした坂になっているのが最初の試練です。
中牧 伊勢自動車道の下をくぐるとこんな感じです。
ブラインドカーブの先から飛ばしてくる自動車に気をつけて右折します。
津留橋 往年の難所も今は橋が掛けられ宿場で足止めを食らうことはありません。
だけど自転車で走る場合は車に注意しなければならない難所のままです。
茅原町 津留橋を渡って左折すると県道小片野駅部田(おかたのまえのへた)線の茅原町地内を走ります。
見通しが良く車が飛ばしているのでココも要注意。
このあたりは松阪市内です。
波多瀬橋小片野で国道166号と合流すると車の数がさらに増えます。
歩道が走れるようになっているのがせめてもの救いです。
写真中央に見えているのが波多瀬橋です。
波多瀬橋波多瀬橋から見る櫛田川です。
川を渡ると多気町の勢和地区に入ります。
波多瀬 多気町に入ると途端にのどかになります。
周りは水田と茶畑が広がり新緑のシーズンはあちらこちらで茶摘の風景が見られます。
片野 このあたりは緩やかな起伏が多く走りがいがあります。
10勢和大橋 勢和大橋と古江沈橋です。
左隅に少し見えているのが勢和大橋。
写真真ん中が古江沈橋で、鮎の友釣りの絶好のポイントらしいです。
11古江 このあたりの櫛田川は岩盤に刻まれた川筋を勢い良く流れます。
岩盤のため鮎のえさになる苔が川床いっぱいにあり、良い鮎の漁場になっています。
12丹生 道の両側は山ですがそれほどきつい坂もなく、交通量も少ないので自転車には気持ちの良い道です。
13津留八柱神社津留八柱神社です。
建替えられたばかりです。
14松阪市 今度は津留橋を渡って右折します。
県道は交通量が多くチョッと注意を要します。
道は適度な起伏で走って面白いです。


お勧めのコース

峠越え
 女鬼峠
 潮見峠
珍布峠
藤越

伊勢本街道
 飼坂峠〜櫃坂峠
 櫃坂峠〜津留
 津留〜相可
 相可〜上田辺
 上田辺〜度会橋

伊勢街道
 松阪〜櫛田橋
 櫛田橋〜宮川橋
 度会橋〜内宮

櫛田川
 多気〜河口
橋巡り

和歌山街道〜和歌山別街道
伊勢の和スイーツめぐり


三重県の
美味しいものを御紹介

勢和は茶所です。

この道にお勧めの自転車

クロス

ランドナー

スポルティーフ



ミニベロ

ロードバイク

シティサイクル





ページの先頭

三重県内のプール 伊勢本街道を走る