ロードレーサーとは


伊勢本街道を走る


ロードレーサーの解説です。
ロードレーサーは自転車の頂点です。
とにかく人間の力だけを使って速く移動する限界に挑戦するのがロードレーサーの世界です。
速く走るため余分なものは全てそぎ落としたシンプルな美しさがあります。


ロードレーサーの特徴

速く走るためには転がり抵抗が小さいことが必須です。
だからロードレーサーのタイヤは細くて軽くてでこぼこがありません。
速く走るためには空気の抵抗が邪魔です。
だから体勢を低くして風の抵抗を小さくするため肩幅ギリギリのサイズのコンパクトなドロップハンドルを装備しています。
タイヤの回転に伴う空気抵抗も無視できないので、泥除けなんて論外です。
速く走るためには踏み込める限界のより重たいギアを使いこなす必要があります。
だから大きなフロントギア、変速ショックが少ないギア比の差が少ないリアのギアカセットを装備します。
速く走るためには車体の軽さが重要です。
そのためにはカーボンモノコク、アルミなど軽い素材が使われています。
もちろんコンポーネンツも肉抜き加工などの軽量化技術がふんだんに使われています。

タイヤ

700Cで20Cから25Cぐらいのタイヤを履いています。
リムへの取り付け方法によってクリンチャーとチューブラーがあります。
詳しくは詳しいところに譲って、大雑把にいうと普通のタイヤみたいにチューブが別になっているのがクリンチャー、チューブとタイヤが一体になっているのをリムに糊付けするのがチューブラーです。

泥除け

基本は付けません。
雨天の練習のときなどに使うような簡易型のものも有りますが、何時も付けるものではありません。

ブレーキ

基本はキャリパーブレーキです。
ディスクブレーキは重くなるので余り使われていません。

フレーム

予算と好みでどうぞ。
いずれにしても体に合ったサイズの物を選ぶために信頼の置けるショップに採寸してもらうことをお勧めします。

ハンドル

基本はドロップハンドルです。
ランドナーとは異なり幅が狭く、ドロップの径も小さくコンッパクトな体勢がとりやすくなっていますが、初心者にはちょっと慣れが必要です。
最近はフラットバーのものも出回り始めています。

コンポーネント

シマノ、カンパニョーロともにフラグシップとなるDuraAce、Recordを頂点に明確なヒエラルキーが存在します。
プロユースの挑戦的なモデル、フラグシップモデルで挑戦した技術を熟成した実用的なモデル、レースへの入門モデル、気軽に扱えるカジュアルなスポーツモデル、大勢の人にスポーツバイクを楽しんでもらうための入門モデルといった具合にそれぞれ性格が別れています。

ペダル

今時のロードレーサーはクリートと呼ばれる金具で専用のペダルに固定するビンディングが主流です。

バック

バックは付けません。
一日がかりのレースなどで途中で補給する食料はサコッシュという肩掛けバックに入れて補給を受けます。
3月以降順次入荷【20%OFF】PEARL IZUMI パールイズミ '06 サコッシュ
それかジャージの背中のポケットに入れておきます。
パールイズミ UVメッシュノースリーブジャージ


ロードレーサーを入手する

ロードレーサーは精密機器です。
完成車にしてもフレームからフルオーダーするにしても組み立てには相当な技術を要します。
ロードレーサーを多く手がけている実績の有る店選びから始めるべきです。

お勧めの自転車
ランドナー
マウンテンバイク
クロスバイク
ミニベロ・小径車
通勤通学用自転車
自転車メーカー



伊勢本街道を走る

掲載した情報は私が独自に調べた物です。もし、間違いやお気付きの点が有ればblogの方にコメントしていただけると助かります。