ランドナーとは


伊勢本街道を走る



ランドナーの解説です。
私が中学生の頃の自転車といえばランドナーでした。
今は一部のマニアのものという感じになってしまいましたが、疲れずに長距離乗れるもっと見直して欲しい自転車です。


ランドナーの特徴

直進安定性が良くて転がり抵抗が少なくてそれでいてクッションの効いた大きな細くもなく太くも無いタイヤを履いている自転車。
雨の日も雨上がりの水溜りも山の湧き水で濡れた道路も自分の服を汚さず、一緒に走る仲間に飛沫をかけることもなく走り抜けることが出来るように車輪の半分以上を覆う泥除けの付いた自転車。
時々走る姿勢を変えてリラックスしたり気合を入れたり出来るドロップハンドル。
それも、走ることだけに特化したロードレーサーとは異なりより多様な姿勢が取れてハンドルのコントロール性に優れているアンダーバーが広がっていてドロップの半径の大きなランドナーバーと呼ばれるドロップハンドルを装備した自転車。
フロントバックを載せるための小さな荷台が付いて自転車。
疲れても坂を上っていける軽めでレンジの広いギア構成の多変速システム搭載の自転車。
多少の段差ではハンドルを持つ手がしびれないように空気の沢山入ったタイヤと素材自体のしなやかさでショックを吸収してくれるフレーム
折りたたまなくてもちょっとした携帯工具だけで分解してコンパクトにカバンに収納できて旅行に持って行ける不思議な自転車。
そんな自転車がランドナーです。

タイヤ

650Aまたは650Bが基本、スポルティーフと呼ばれる700Cのタイプもあり、 最近は入手しやすいマウンテンバイクの規格の26HEも有るようです。
Panaracer パナレーサー ランドナー650B

泥除け

最近の自転車は泥除けの付いていないものが多い。
しかし、雨の多い日本では泥除けが無いと背中に一直線に泥の後を付けることになり、とっても日常の使い勝手がいいとは思えない。
雨の日も雨上がりの水溜りも山の湧き水で濡れた道路も自分の服を汚さず、一緒に走る仲間に飛沫をかけることもなく走り抜けることが出来るように車輪の半分以上を覆う泥除けが付いているのがランドナーのいいところです。

ブレーキ

基本はカンティブレーキです。
キャリパーブレーキではタイヤが入らないです。
Vブレーキはアリだと思います。
ディスクブレーキは輪行をしないのならアリかもしれませんがどうなんでしょうか

フレーム

基本はクロモリです。
しなやかな振動吸収性に優れたクロムモリブデン鋼のフレームとオフセットの大きなフロントホークの組み合わせが長距離の走行でも快適にしてくれます。
どうしても昔乗ったロードマンの乗り味を再現したいのであればハイテンション鋼でもかまいませんが探すのが大変だと思います。

ハンドル

ドロップハンドルです。
ドロップハンドルでもロードレーサーのものよりも幅が広くアンダーバーが広がったタイプが多いです。
長距離乗る場合はフラットバーよりも圧倒的に楽です。
マウンテンバイクやクロスバイクで長距離乗るためにエンドバーを付ける人も多いですがドロップハンドルとは比較にならないぐらいです。

コンポーネント

昔からのランドナーマニアにはユーレとかサンツアーとかが未だに人気のようですが、私はシマノのTIAGRAやSORAをお勧めします。
輪行をする人は変速レバーをダブルレバーにブレーキレバーをダイアコンペにすればいいと思います。

ペダル

今時のロードレーサーはクリートと呼ばれる金具で専用のペダルに固定するビンディングが主流です。
昔のランドナーのようなトークリップに皮のストラップというのは余程の趣味の人だけに成っているようです。

ダブルレバーの昔ながらのスタイルにはノスタルジーを感じさせて絵になるのですが実用上は片面だけビンディングのペダルがお勧めです。

バック

ランドナーにはフロントバックが似合います。
ロードレーサーやマウンテンバイクにバッグを付けると不恰好ですがランドナーはバックが無い方がおかしいぐらいにぴったりとハマります。
本当のご近所ならともかく、チョッと遠出するときは簡単な工具やウインドブレーカー、お菓子などがあるととっても便利です。
フロントバックには地図を挟むマップケースが付いていることも多く初めての道を長距離楽しむときは無くてはならないものになります。
オーストリッチ フロントバック F-104


ランドナーの思い出

私が中学生の25年前はランドナーが全盛の時代でした。
ブリヂストンのロードマン、ユーラシア、アトランティス。
丸石のロードエース、エンペラー。片倉シルク、丸紅のベニックス、ニシキなどなど多くの国産自転車メーカーが競ってランドナーを作っていました。
私の通っていた中学では近所の自転車屋のオヤヂが面倒見がいいこともあって空前のサイクリングブームで番長からいじめられっこまで一緒に和気藹々とサイクリングに行っていました。
私はブームの後半で参加したので、先にロードマンを買った友達が小遣いをためて小物の部品をグレードアップするのを見ていたため、最初からグレードが上で部品を交換しなくても満足できるようにユーラシアを買いました。
買った本人は毎年お年玉を親に預けてお金が溜まっていると思っていたので全然気にしていませんでしたが、当然のごとく使い込んでいた親たちは大変だったそうです。
25年も前に7万円を超える自転車っていうのは相当な贅沢品だったようです。
大卒の初任給を25年前と比べると1.73倍になっているので、現在の12、3万円に相当しますが感覚的な価値はもっとあったようです。


ランドナーを入手する

ランドナーを買うのは結構忍耐の要る作業になっていました。
ほぼ受注生産みたいなものなので納期は有って無いようなものです。
急ぎの場合はシクロクロスに簡易型の泥除けを付けるのもありかと思います。
今もランドナーを作り続けてくれているところを紹介しておきます。
深谷産業

名古屋の輸入商社/卸問屋さんです。
DAVOS(ダボス)がランドナーです。
残念なことにミキストフレームのはカタログからも姿を消してしまいました。

ケルビム

東京町田のオーダーメイド自転車のブランドです。
一台づつハンドメイドで作ってくれる職人さんがいるお店なので徹底的にこだわって自分だけの一台を作ることが出来ます。

東叡社

フレーム製作を専門とするフレームビルダーです。
現行の部品であれば完成車の注文も可能です。


楽天ではこんな商品を扱っています。
GIOS スパジオ
ラレー クラブスペシャル
BIANCHI アンコラ

お勧めの自転車
ロードレーサー
マウンテンバイク
クロスバイク
ミニベロ・小径車
通勤通学用自転車
自転車メーカー




伊勢本街道を走る

掲載した情報は私が独自に調べた物です。もし、間違いやお気付きの点が有ればblogの方にコメントしていただけると助かります。