伊勢本街道を走る

三重県内のプール 伊勢本街道を走る



鎌倉時代の歌人西行法師は伊勢詣の途中、多気町相可で「疲れぬる我を友呼ぶ千鳥ヶ瀬越えて相可に旅寝こそすれ」という歌を残しました。。
こんな遥か昔から遠来からの参詣者を集めていた伊勢神宮。
京都、奈良からの近道として参詣者たちで大いに賑わったのが伊勢本街道です。

今回紹介するサイクリングコースは、多気町の櫛田川にかかる津留の渡し跡近くの津留橋を基点に昔の面影を残す古い街並みを走り、多気町の中心部相可までのコースです。
今回紹介するルートは高低差も少なく距離も短いしほとんどが舗装路なのでどんな自転車でも楽しめます。
相可の集落の辺りは古い街並みが残っているため道路が拡幅されておらず、車が行き交うには狭く曲がりくねっています。
その割には交通量も多く飛ばしている車が多いので注意が必要です。


津留橋→鍬形→三匹田→相可

櫛田川 お伊勢参りして恐いとこどこさ、飼坂・櫃坂・鞍取坂、津留の渡しか宮川か。
と歌われるぐらい櫛田川を渡るのは大変なことでした。
増水したら水が引くまで何日も津留の宿場で足止めされてしまったようです。
津留橋 今は橋が掛けられていて自動車が往来しています。
イボ地蔵源義経の家臣 伊勢三郎義盛が、頼朝の軍勢を松に登って見張ったという伝説の松が有ったところに小さな地蔵さんが祀られています。
イボができたとき祈願すると治るという「イボ落し」にご利益があると伝えられています。
お地蔵さんの後ろにちょこんと生えている小さな松は義盛が登った松の5代目だそうです。
歯やめ地蔵三匹田の田圃の中に小さな地蔵堂があってお地蔵さんが祀られています。
この地蔵さんに願をかけると、歯の痛いのがピタリと治るといわれています。
昔は伊勢参りの客の為に馬つなぎ場や茶屋があったらしいのですが、今は田圃と伊勢芋畑ばかりが続いています。
大常夜灯四匹田の集落のなかに大きな常夜灯があります。
往時は街道沿いだったのでしょうけど現在は町道からチョッと奥まったところになっています。
相可高校相可の集落に入ると相可高校が見えてきます。
料理コンクールや伊勢芋の栽培や牛の飼育など普通の高校では見かけない分野で大活躍しています。
西行歌碑相可高校の隣には藤の蔦がからんだ椋の木の大木が道を覆うようにして生えています。
椋の木の根元には塞神が祀られており塞神の隣には西行法師の歌碑が建立されています。
道標広場伊勢本街道が旧国道42号線と交わる手前の小さな広場に道標が立っています。
「すくならはせみち」「右くまのみち」と書かれた道標と「さんぐうみち」「右まつさかみち」と書かれた道標があります。
ここから熊野へ向かった旅人も多かったのでしょうか。
この道標の近くに鮎の甘露煮屋さんが2軒あります。
一軒は旧42号沿いのうおすけさん、もう一軒は道標のまん前のみなとやさんです。


お勧めのコース

峠越え
 女鬼峠
 潮見峠
珍布峠
藤越

伊勢本街道
 飼坂峠〜櫃坂峠
 櫃坂峠〜津留
 相可〜上田辺
 上田辺〜度会橋

伊勢街道
 松阪〜櫛田橋
 櫛田橋〜宮川橋
 度会橋〜内宮

櫛田川
 多気〜河口
 勢和地区
橋巡り

和歌山街道〜和歌山別街道
伊勢の和スイーツめぐり


この道にお勧めの自転車

クロス


ランドナー

スポルティーフ



ミニベロ

ロードバイク

シティサイクル




ページの先頭

三重県内のプール 伊勢本街道を走る