伊勢本街道を走る

三重県内のプール 伊勢本街道を走る



大和の国からお伊勢さんを最短距離で結ぶルートの伊勢本街道ですが、道中は山あり谷ありの難コースだったようです。
その中でも難所として「お伊勢参りしてこわいとこどこか、櫃坂、飼坂、鞍取坂、津留の渡しか宮川か」と歌われた峠があります。

今回紹介するサイクリングコースは、多気町の櫛田川にかかる津留の渡し跡近くの津留橋から途中和歌山街道を一部走り、難所の筆頭でもある櫃坂峠までのコースです。
高低差があり距離もあるため相当の健脚でないと走破困難な難コースですが走破した喜びも大きいです。


津留橋→大石→飯南町横野→仁柿峠(櫃坂峠)


津留橋 お伊勢参りして恐いとこどこさ、飼坂・櫃坂・鞍取坂、津留の渡しか宮川か。
と歌われるぐらい櫛田川を渡るのは大変なことでした。
増水したら水が引くまで何日も津留の宿場で足止めされてしまったようです。
今は赤い橋が架かっています。
小片野駅部田線 県道小片野駅部田線です。
駅部田で「まえのへた」って読めない地名です。
この辺りはまだまだ坂もたいしたことが無く普通に走れます。
不動院松阪市大石の不動院あたりの櫛田川です。
大石町 大石町の集落
左の旧道のほうが自転車には走りやすいです。
昔からの集落を避けるように作られた166号線は集落の裏の崎を超えるように作られているので10m程度ですが高低差が有って若干きついです。
また、国道166号線は交通量が多いので出来るところは旧道に入ったほうが快適です。
大石町大石の旧道の出口。
自転車は原則左側通行なので松阪に向かって走るときはチョッと不便です。
横野先に見えている案内看板のところが横野の交差点です。
ココを右折すると国道368号線。
櫃坂峠こと仁柿峠までほぼ一本道です。
大型車通行止 国道368号線に入って直ぐのところにある看板です。
九十九折の峠道はロングボディーの大型車を阻んでいます。
国道368号線 国道368号線も166号と分かれて直ぐは2車線ある普通の車道です。
下仁柿下仁柿の集落とお別れをしてしばらくすると仁柿川を渡る手前に旧道が現れます。
大型車は峠越えが出来ないとはいえ途中まで行く大型車もたまにあるので自転車にやさしい旧道を走ることにします。
10長瀬右が「長瀬弘法大使御堂」左が「長瀬不動尊御堂」です。
小さな御堂ですが何時も新しい榊が供えられていて信仰の厚さが伺えます。
11上仁柿上仁柿の集落は静かな佇まいです。
ただ、所々に明らかに空き家と思われる屋根の落ちた家があり過疎化のさびしさが伝わってきます。
12上仁柿上仁柿の集落を抜けたところで国道368号線と合流します。
ここから峠の頂上までは距離4.9km、平均斜度5.2%、獲得標高差262mです。
13酷道上仁柿の集落を抜けると直ぐに道幅が狭くなります。
センターラインも無く車がすれ違うのもやっとの「酷道」の始まりです。
14九十九折「道幅が狭くなったなぁ」と思いながら延々と続く上り坂を走っていくと何時の間にか九十九折の峠道です。
峠のコーナーごとに仁柿小学校の児童たちのメッセージが展示されていてほのぼのとさせてくれます。
15峠櫃坂峠の頂上です。
伊勢本街道の歴史を記した書籍では櫃坂峠と呼ばれる峠も最近は仁柿峠と呼ばれることが多いようです。言葉も時代とともに変わりますが地名も時代とともに少しづつ変わっていきます。
峠の風景は昔はその名も「峠」とういう集落が有ったらしいのですが昭和50年に廃村になり今は空き家が数件残っいるだけで寂しい感じがします。
また、峠の橋の下はバイパスを作っているのか作りかけの道が見えています。
バイパスが出来たら九十九折の道は捨てられてしまうのでしょうね


お勧めのコース

峠越え
 女鬼峠
 潮見峠
珍布峠
藤越

伊勢本街道
 飼坂峠〜櫃坂峠
 津留〜相可
 相可〜上田辺
 上田辺〜度会橋

伊勢街道
 松阪〜櫛田橋
 櫛田橋〜宮川橋
 度会橋〜内宮

櫛田川
 多気〜河口
 勢和地区
橋巡り

和歌山街道〜和歌山別街道
伊勢の和スイーツめぐり


峠道のお勧め

ランドナー

スポルティーフ



ミニベロ

ロードバイク




ページの先頭

三重県内のプール 伊勢本街道を走る