ミニベロとは


伊勢本街道を走る



ミニベロの解説です。
小さな車輪の自転車です。

16インチや20インチのタイヤを装備した自転車全般を指します。
このサイズのタイヤの自転車にはフレームを折りたたむことが出来るものも多いのが特徴です。

大きな車輪は一度回転を始めれば慣性力が働きスピードが維持しやすく速く走ることが出来ます。
一方、小さな車輪は慣性力が働かないため走り出すときに必要な力が少なくて済みます。
このような特徴のため街中のストップアンドゴーの多い使い方でとても楽に走ることが出来ます。
また、マウンテンバイクが普及して目新しさがなくなったのに比べて、デザインがおしゃれで新鮮なミニベロに注目が集まっています。


ミニベロの特徴

小さな車輪が何よりの特徴です。
街中のストップアンドゴーの多い使い方で便利なので人気が高まっています。

タイヤ

16インチ又は20インチが多いですが中には8インチなんてのもあります。
タイヤの幅はマウンテンバイクみたいに太いのからロードレーサー並に細いものまであります。
ブロックパターンの有るものもありますが、走りの軽やかなスリックタイヤが多いようです。

泥除け

街乗り重視なら付けておくのをお勧めします。
街乗り重視のモデルでは最初から付いていることが多いのです。
後付けは取り付けられる場所が自転車ごとに違うので注意が必要です。

ブレーキ

特に決まっていません。

フレーム

折りたためるものが人気のようですが、本当に折りたたんで持ち運ぶこと多いですか?
安物の折りたたみ自転車は折りたためるというだけで、重量が重くとても運べるような代物じゃないことがあります。
折畳まなくても車に乗せられることも有るし、そもそも折畳む必要が無いなら折畳めないフレームの軽いものをお勧めします。

ハンドル

フラットバー主流ですがアップライドなものやドロップハンドルのものも有ります。

コンポーネント

小径車専用のコンポーネントとしてはShimanoCAPREOが最高峰です。
その他にロード用コンポやマウンテンバイクのコンポを組合わせているものも見受けられます。

ペダル

座面の大きなフラットペダルかケージ型ペダルが扱いやすいです。
10km以上走ることが多く有るのであれば片面だけビンディングの付いたペダルもあります。結構お勧めです。

SHIMANO (シマノ) PD-M324SPDペダル


ミニベロを入手する

おしゃれな街乗りから本格的なスポーツタイプまでいろいろです。
メーカー希望小売価格で4万円ぐらいが一つの目安じゃないでしょうか?
余り激安なのは重たくて走るのが辛いです。
できたら12〜14kgぐらいまでのものを選ぶと走りやすく愛着が湧くと思います。

ビアンキ
MINIVELO-8Drop

ドロップハンドルの軽快な走りのモデルです。
メインコンポはShimanoSoraで16段変速です。
ルイガノ
LGS-MV5

タイヤ幅2インチのマウンテンバイクみたいなミニベロです。
ラレー
スモール RSW

フレームと同色の泥除けが最初から付いているので雨上がりの道路でも服を汚しません。
ランドナーを小径化したようなクラシカルなスタイルのバイクです。
Be.BIKE Type-R
メインコンポはShimano CAPREOで9段変速
前後にサスペンションが付いているのに軽量です。
GIOS
MIGNON (ミグノン)

イタリアのGIOSのミニベロです。
ブリジストン/モールトン
BSM-R2S

小径車の中でも際立ってコアなファンが多いモールトンの一つブリジストン/モールトン。
これでもモールトンの中では一番お手ごろ価格です。

お勧めの自転車
ランドナー
ロードレーサー
マウンテンバイク
クロスバイク
通勤通学用自転車
自転車メーカー





伊勢本街道を走る

掲載した情報は私が独自に調べた物です。もし、間違いやお気付きの点が有ればblogの方にコメントしていただけると助かります。