櫛田川に架かる橋めぐり

三重県内のプール 伊勢本街道を走る



櫛田川は高見山(標高1249m)を源とし蓮川、佐奈川、孫川を集め、松名瀬で伊勢湾に注いでいる全長約85kmの一級河川です。
倭姫命が天照大神の鎮座地を求めて諸国を巡行の際、この地で櫛を落とされたことからこの名がついたとされる古くから歴史の舞台となった川です。
奈良時代初期から丹生の水銀、木材の水運が発達し、三井財閥を起こした松阪商人の起源となる射和(いざわ)商人を生んでいます。

この櫛田川には多くの橋が架けられています。
この橋を自転車で巡ってみました。

画像が欠損しているのは適当な写真が取れていないところです。
また、上流部は現在計画中なので何時いけるか不明です。


櫛田川に架かる橋めぐり

1新松名瀬橋 新松名瀬橋
河口から一番近いところに架かる橋は松名瀬神社のある中州を挟んで車道橋と人道橋の2本づつ架かっています。
このうち左岸側が新松名瀬橋です。
2松名瀬橋 松名瀬橋
右岸側の松名瀬橋も新松名瀬橋と同じようなつくりの橋で知らなきゃ一本の橋と思えてしまいます。
3松阪東大橋 松阪東大橋
国道23号線の松阪東大橋は櫛田川に架かる橋の中でも交通量のもっとも大きな橋です。
4大平橋 大平橋
河川敷の堤防道路の左岸側と右岸側を結んでいるだけの大平橋は人通りのほとんどない橋です。
他の橋と比べてみると架けられている位置が低く、橋桁も異常に多い橋です。
このため洪水時に排水の障害となる恐れがあるということで架け替えが計画されています。
5魚見橋 魚見橋
県道伊勢松阪線に架かる魚見橋。
車道橋と人道橋に分かれています。
6近鉄山田線近鉄山田線
自転車は通れませんが近鉄で輪行すれば通れるということでのエントリーです。
7櫛田橋櫛田橋
県道鳥羽松阪線というより旧23号線と言ったほうがわかりやすいかも。
2006年に架け替えられて立派になりました。
8櫛田可動堰 櫛田可動堰
堰の上に管理用の通路があって自転車なら何とか通れます。
9JR紀勢線 JR紀勢線
櫛田川を渡って500mぐらいで多気駅です。多気駅からは参宮線と紀勢線に分岐します。
10新両郡橋 新両郡橋
国道42号線多気バイパスの新両郡橋。
遠くに見えている白い建物がシャープの携帯向けの液晶工場
11両郡橋両郡橋
旧42号線に架かる両郡橋はシャープの液晶工場ができてバイパスが造られるまでは渋滞の名所だったそうです。
12松阪多気橋松阪多気橋
橋の両側に計画されている道路がまだ完成していないのでまだ交通量は少なめです。
橋自体は将来を見越して立派なつくりです。
13伊勢自動車道伊勢自動車道
自転車は走ることができません。
櫛田川とともに並んで走る県道も一気に乗り越えて松阪トンネルへと吸い込まれていきます。
14津留橋 津留橋
その昔、伊勢本街道を旅人が徒歩で旅をしていたころ、櫛田川に橋は架けられていませんでした。
「お伊勢参りして恐いとこどこさ、飼坂・櫃坂・鞍取坂、津留の渡しか宮川か」と歌われた津留の渡しのところに橋が架けられています。
15香肌橋 香肌橋
丹生と下出江の間にある香肌橋、地図によっては隣にも橋があるように書いてあるものもありますが既に撤去されています。
このあたりの櫛田川は鮎釣りの好漁場で夏場は釣り人の姿をよく見かけます。
16勢和大橋 勢和大橋
多気町勢和事務所の近く、真っ赤なトラスが目を引く橋です。
この橋の少し下流に河川敷のキャンプ場があり夏場はにぎわっています。
17片野橋片野橋
松阪市小片野と多気町片野の間に架かる橋
かなり年季が入っている桁橋です。
18波多瀬橋 波多瀬橋
松阪市小片野と多気町波多瀬の間に架かる橋
近くには不動滝、元丈の里などのスポットがあります。
夏場のサイクリングには滝壺を渡る風が涼しい不動滝は格好の休憩ポイントだと思います。
19深野大橋 深野大橋
松阪市深野と多気町名古の間に架かる橋
赤く塗られた橋の多い櫛田川では珍しい青く塗られたトラス橋です。
20千歳橋 千歳橋
松阪市横野と生辺の間に架かる橋
青緑色のトラスが周辺の山の木々に溶け込んで目立たない橋ですが、立梅用水沿いのサイクリング向きの道を走るときにお世話になる貴重な橋です。
自動車の多い国道を避けて櫛田川右岸を走る場合、道の駅茶倉の対岸あたりは自転車には向かない廃道状態なので仕方なくこの橋から桜橋までの区間は左岸を走ることになります。
21茶倉橋 茶倉橋
向こう側の橋の袂に螺旋階段が見えるとおり、この橋は人道橋です。
茶倉道の駅の展望台と対岸の公園を結んでいます。
22桑瀬橋 桑瀬橋
立梅の集落近くの橋。
橋の右岸には中央構造線が粥見で露頭していることから観測点があり、岩石標本が展示されている。
学術的に貴重で有益な展示ですが普通の人は通り過ぎるだけのまさに路傍の石です。
23桜橋 桜橋
国道368号線の橋ですが、国道自体の交通量が少なく夏は橋の下で水遊びやキャンプが行われています。
24魚瀬橋 魚瀬橋
魚瀬の集落と粥見を結ぶ桁橋。
25新高橋 新高橋
向粥見と粥見を結ぶ橋
元は鮮やかな赤いトラス橋だったのでしょうか?
今は両側の木々の灰汁で黒く煤けています。
26大渕橋 大渕橋
飯南高校の前の橋
錆びて橋全体が茶色です。
これって仕様なんでしょうか?
と疑問に感じて調べてみたら平成19年度予算に補修予算が計上されていました。
27栃川橋 栃川橋
栃川と柏野の間を結ぶ橋
柏野の方はかなりの急坂になっています。
28粥見橋 粥見橋
有間野と下滝野を結ぶ橋
なぜか粥見です。
29中之瀬橋 中之瀬橋
神原と宮前を結ぶ橋
櫛田川右岸の道の最上流部の橋です。これ以上上流は蛇行する櫛田川を国道166号線が縫うようにして何度も橋が架かっています。
この橋の上流1kmぐらいのところに道の駅飯高があります。
30新野々口橋 新野々口橋
国道166号線の橋です。
スピードの出せる国道で、特に目立つトラスがあるわけでもなく周りの風景があまり変化しないので注意していないと通過したことすら気がつかないような橋です。
31野々口橋 野々口橋
国道と併走する旧道の橋
赤いトラスがだいぶ色褪せています。
32赤池橋 赤池橋
生活道路の橋
自動車一台通るのがやっとの橋です。
欄干が低いのでフェンスで継ぎ足してあります。
33赤桶橋 赤桶橋
国道422号線の橋
この橋の下をくぐるようにして続く道の先に国分け伝説の珍布峠があります。
34新赤桶橋 新赤桶橋
「しんあこうはし」と読みます。
国道166号線の橋
35宇栗子橋 宇栗子橋
宇栗子橋と書いて「うぐるすばし」と読むそうです。
国道の対岸の集落の入り口です。近くに沈み橋もあります。
36小田橋 小田橋
「こだばし」と読むそうです。
田引トンネルを奈良方面に抜けてすぐのところにある橋です。
37口野々橋 口野々橋
古い橋が撤去されて、建設中の国道166号線田引バイパスの橋が建設中です。
38新口野々橋 新口野々橋
「しんくちののばし」と読みます。
39工事中の橋 工事中の橋で正式な名前は未だ決まっていないです
バスのすれ違いが困難な狭い国道もバイパスができれば快適になります。
40新毛原橋 新毛原橋
「しんけはらばし」と読みます。
平成15年10月竣工の新しい橋です。
41毛原橋 毛原橋
昭和63年3月竣工ですが道幅も広く歩道も整備されています。
42粟野橋 粟野橋
国道166号線の橋ですが、昭和36年3月竣工と古く大型車のすれ違いが困難な橋です。
トラスが錆びて古さを感じさせます。
43飯高大橋 飯高大橋
昭和38年3月竣工と粟野橋と同じぐらいの時期に架設された橋です。
赤いトラスがいかにも山間の渓谷を渡っているという感じでいい雰囲気です。
44柳瀬橋 柳瀬橋
国道と対岸の県道を結ぶ橋。
アーチが遠くからも見えて橋の存在をアピールしています。
45大谷橋 大谷橋
国道166号線と国道422号線の共用区間が終わり国道422号線は湯谷川にそって湯谷峠に向かいます。
一応国道422号線の橋なのですが乗用車がすれ違うのがやっとの幅です。
46中瀬橋 中瀬橋
国道と対岸の県道を結ぶ橋。
橋を渡ってすぐのところに中学校があり、通学ルートになっているので側道の歩道がちゃんと整備されています。
47新高橋 新高橋
蓮ダムに向かう道の橋です。
48高橋 高橋
すぐ隣に新高橋ができたので多くの車は新高橋のほうを使います。
このあたりまで来ると下を流れる櫛田川も川幅がだいぶ狭くなっています。
49鍋倉橋 鍋倉橋
国道を降りて茶畑の中を進むと車一台がやっと通れる橋があります。
欄干には鍋倉橋とありますが、すぐそばに架かる国道の橋と同じ名前です。
50鍋倉橋 鍋倉橋
国道166号線の鍋倉橋です。
欄干には石楠花の陶板がはめ込まれていました。
51笠松橋 笠松橋
平成8年11月竣工。
ネコギギの陶板がはめ込まれていました。
52乙栗子口橋 乙栗子口橋
乙栗子口橋と書いて「おとぐるすくちばし」と読むそうです。
国道166号線の橋で橋の上でカーブしています。
53乙栗子橋 乙栗子橋
乙栗子橋と書いて「おとぐるすばし」と読むそうです。
国道を離れた集落の中にある橋で乗用車がやっと通れる小さな橋です。
54新乙栗子橋 新乙栗子橋
国道166号線の橋です。
55加波橋 加波橋
加波橋と書いて「かばはし」と読むそうです。
昭和33年8月竣工、当時の飯高町長以下関係者の名前を刻んだぷーレートがありました。
隣に新しい橋ができたのでほとんど使われていないような感じです。
56新加波橋 新加波橋
「しんかばばし」と読むそうです。
古いほうの橋は「はし」新しいほうは「ばし」です、どうでもいい事ですが気になりました。
57新八雲橋 新八雲橋
「しんやぐもばし」と読むそうです。
新八雲橋があるのだから新じゃない八雲橋もあるのかというと、近くに櫛田川の支流の月出川のに八雲橋がありました。
58桑原橋 桑原橋
桑原トンネルを抜けると桑原橋を渡ります。
1973年3月竣工なのでこのあたりはかなり昔から拡幅されていたようです。
59蛍雪橋 蛍雪橋
国道から対岸の波瀬小学校に渡る橋。
蛍雪というと大学受験というイメージが個人的にあるのですが小学校です。
60波瀬大橋 波瀬大橋
「はぜおおはし」と読みます。
国道166号線の橋です。
61無名橋 無名の橋
波瀬大橋のすぐ近くに架かっている無名の人道橋、普通の家の前に架かっています。
62洗耳橋 洗耳橋
波瀬植物園の中にある橋で人道橋です。
63奥香肌橋 奥香肌橋
橋を渡ると陶芸の森という陶芸作家東健次氏のオブジェがあります。
国道166号線の橋です。
64きずな橋 きずな橋
山林舎という宿泊施設のための人道橋です。
65新中野瀬橋 新中野瀬橋
国道166号線の橋です。
この橋は歩道部分が別構造になっています。
66中野瀬橋 中野瀬橋
新中野瀬橋のすぐ隣にある古びた橋です。
強度に問題があるのか自動車が入れないように柵が設けてあります。
67殿垣内橋 殿垣内橋
殿垣内橋と書いて「とのがいとばし」と読むそうです。
まったく普通には読めないです。
68第3落方橋 第3落方橋
「だいさんおちかたばし」という事で上流には第1、第2もあるのかなと期待してしまいます。
69第2落方橋 第2落方橋
第2は予想通りありました。
70上落方橋 上落方橋
第1落方橋は無くて、「かみおちかたばし」でした。
自動車で走っていたら橋を渡ったという印象を受けないほど目立たないです。
71船戸橋 船戸橋
「ふなとばし」は櫛田川としては最上流部に架かる橋です。
この橋のすぐ上流に木梶川と船戸川の合流部があり、そこが櫛田川の基点になります。
72源流 櫛田川の基点です。
木梶川と船戸川の合流部で、合流して櫛田川になります。


お勧めのコース

峠越え
 女鬼峠
 潮見峠
珍布峠
藤越

伊勢本街道
 飼坂峠〜櫃坂峠
 櫃坂峠〜津留
 津留〜相可
 相可〜上田辺
 上田辺〜度会橋

伊勢街道
 松阪〜櫛田橋
 櫛田橋〜宮川橋
 度会橋〜内宮

櫛田川
 多気〜河口
 勢和地区

和歌山街道〜和歌山別街道
伊勢の和スイーツめぐり



三重県の美味しいものを御紹介

伊勢は茶所です。

名産松阪牛。

櫛田川は鮎の産地


ページの先頭

三重県内のプール 伊勢本街道を走る