通勤通学用自転車とは


伊勢本街道を走る



最近、自転車通勤が注目を集めています。
ポスト京都議定書の行方が議論され、環境負荷の小さなロハスな生活スタイルがカッコイイとされる風潮がもてはやされています。
このような流れの中でCO2を排出しない、メタボリックシンドローム対策やダイエットにも効果があり、場合によっては電車や自動車通勤よりも速く職場に到達できることもある自転車通勤が見直されるのは必然的なことだと思います。

では、通勤や通学に最適な自転車とはどんな自転車でしょうか。
通勤、通学の全部を自転車で移動する人、駅までの繋ぎとして使う人。
田舎で代わりの交通手段の無い人、雨の日は電車でもナントカなる人。
交通量の少ない平坦な道ばかりの人、幹線国道や激坂、強風の名所など険しい道ばかりの人。
色々条件は異なるし趣味の問題や学校などで指定の自転車がある場合もあるかもしれません。
そういったことには有る程度目を瞑って私の主観で便利そうな自転車を考えてみました。


軽快車

一般的なママチャリのちょっとタイヤが大きめで速く走れるやつです。
かく言う私も高校生の頃、駅までのつなぎとしてコンなのに乗っていました。
ある程度軽快に走れるうえに籠つきなので荷物が多くてもラクラクでした。
実用的なものが多いので価格も手ごろで3〜4万円ぐらいです。
ライト、ベル、スタンド、泥除け、チェーンカバー、鍵など主な装備は最初から標準で付いていて、各社簡単に点灯するライトやこぐのが楽なベルトドライブ採用などの工夫がされています。
ブリヂストンの「カルーサロイヤル」、ミヤタの「ラックル」などが代表的です。
軽快車の選び方の基準は最低限[BAA(自転車協会認証)マーク]がついていること。コレがないとかなり粗悪品になります。
変速機も3段か5段ぐらいが主流でサスペンションも無いので距離が短くてお手軽に使いたい人向けです。
ちなみに、自転車通勤が盛んなオランダでは500ユーロ以上の自転車が自転車市場に占める割合は50%以上あると言うことです。
1ユーロ160円で計算しても8万円以上に相当します。
オランダでは平均8万円、それだけお金をかける価値があると言う認識なんです。
私見ですが3万円以下の自転車はパーツの精度が悪くてスムーズに走れなかったり、耐久性に問題があったりして長く愛着を持って使うことが出来ません。
結局は安物買いの銭失いになると思います。

クロスバイク

マウンテンバイクとロードレーサーの長所を掛け合わせて生まれた自転車です。
幅の広いジャンルなのでお手軽なものから本格的スポーツモデルまであります。
装備は物によって付いていたりオプションだったりするので注意が必要です。
ライト、泥除け、スタンド、チェーンカバーは付いていないことが多いです。また鍵は必ず付属していないので別途用意する必要があります。
特に通勤用であれば泥跳ねだらけで出社するわけには行かないので泥除けが欲しくなりますが、マウンテンバイク用の後付けフェンダーは簡易なモノの割には高価なので最初からフェンダー付を探すことをお勧めします。CENTURIONやSCHWINNといったブランドからは専用フェンダーをつけたモデルが出ているので一見の価値があります。また、フレームと同じ塗装のフェンダーが装備されているARAYAのラレーは細身のシンプルなデザインもあってスーツを着て乗っても似合うと思います。
価格は3、4万円のものから10万円を超えるものまで幅広いです。
フロントサスペンション付きのタイプは歩道の乗り上げ段差が多いコース、サスペンション無しで軽量化されたタイプは車道がメインのコースにお勧めです。

ミニベロ・小径車

16インチや20インチのタイヤを装備した自転車全般。
タイヤが小さいのでストップアンドゴーが多い街中では漕ぎ出しが軽くて楽です。
かわいらしくてお手軽なので人気が高いのですが、最近は人気に当て込んで粗悪なものが大量に出回っています。
粗悪品は小さいのに重たくて、重心のバランスが悪く真直ぐ走ることすら難しいものも有るようです。
ルイガノ、ジャイアント、ビアンキ、ラレーなど色々有りますが4万円以上が一つの目安だと思います。

電動アシスト自転車

自転車の趣味のページにはあまり出てこないジャンルの自転車ですが通勤用としては魅力的なジャンルです。
なんと言っても上り坂も楽に走れるのが魅力的です。
値段は8〜10万円、元々実用的なニーズから生まれた自転車なのでオプションがなくても一通りの装備が揃っています。

子供乗せ自転車

個人的には未知のジャンルですが、朝、小さな子供を保育園に送り迎えする必要がある人にはお勧めです。
ママ用だけではなくてパパ用もラインナップされているのはお見事です。

ヘルメット

幹線道路を自転車通勤する人には必須です。
左からBellのSolar、Venture、Citiです。
ロードレーサーのような前傾姿勢でのるバイクの場合はバイザーの付いていないSolarのようなタイプが視界が広くてお勧め。
クロスバイクや軽快車でのジテツーならバイザーつきのヘルメットが扱いやすいです。

楽天市場でもっとヘルメットを探す。 こうして見てくると軽快車やミニベロなど4万円ぐらいで結構良いものが買える一方、実用的な電動アシスト付が8万円を超えるなど結構良い出費になります。
ヨーロッパでは地球温暖化物質排出量削減の有効な手段として自転車の利用を積極的に促進しています。中でもオランダでは自転車通勤をする従業員に自転車購入費の補助をする場合、3年に1回、749ユーロまで経費として認められるということです。
1ユーロ、160円として約12万円、一月あたり3300円の計算です。
名古屋市役所の自転車通勤手当が8200円(5km以上)を考えると決して高額ではありませんが、自転車通勤を促進するにはコレぐらいの補助が必要だと思います。
名古屋市役所の自転車通勤手当については、マイカー通勤につかう駐車場を市役所周辺に借り上げる費用を考えれば決して無茶な水準では無いとも考えられますが、今までのお手盛り体質を考えると批判されても仕方が無いでしょうね。
名古屋市役所にはマイカー通勤を促進することにより行政コストをコレだけ切り詰めましたという具体的な数字を出すようにして欲しいと思います。



伊勢本街道を走る

掲載した情報は私が独自に調べた物です。もし、間違いやお気付きの点が有ればblogの方にコメントしていただけると助かります。