伊勢本街道を走る

三重県内のプール 伊勢本街道を走る



鎌倉時代の歌人西行法師は伊勢詣の途中、多気町相可で「疲れぬる我を友呼ぶ千鳥ヶ瀬越えて相可に旅寝こそすれ」という歌を残しました。。
こんな遥か昔から遠来からの参詣者を集めていた伊勢神宮。
京都、奈良からの近道として参詣者たちで大いに賑わったのが伊勢本街道です。

今回紹介するコースは、多気町の中心部相可を基点に昔の街道の面影を残す未舗装の切通しを走り、多気町と玉城町の境目までのコースです。
今回紹介するルートは高低差は少ないものの未舗装の砂利道もありクロスバイクやマウンテンバイク、ランドナーがお勧めです。
ロードレーサーやママチャリではかなりしんどいコースですが、自動車の交通量が少なくサイクリングに適していると思います。


相可→西池上→東池上→土羽→上田辺

国道42号線 相可の集落を抜ける手前で国道42号線と立体交差をします。
42号線多気バイパスはシャープの液晶工場の進出にあわせて作られた新しい道路でシャープの出勤時間や工事関係の車が出勤する時間はとても混雑しています。
伊勢本街道はこのバイパスの下を潜り集落の外れに出ます。
黒田山 集落を出ると目の前には黒田山がこんもりと現れてきます。
遠目には瓢箪が転がっているような、カビゴンが寝ているようなちょっとひょうきんな姿です。
黒田山黒田山に入るとこんな道です。
山と言ってもこんもりとした小さな山の裾をぐるりと取り巻くような道なので急な坂も無く、両側の木々が日陰を作っているので夏でも気持ちのいいサイクリングが楽しめるコースです。
黒田山の反対側の裾はシャープの工場の前の道で工事関係の車が行き交っていて賑わっていますが、こちらはひっそりと時々近所の小学校の子供の声が聞こえてくるのどかな雰囲気です。
歴史の散歩道 黒田山の裾にこじんまりと佇んでいる小さなお社が有ります。
水分社(みくまりの社)と山ノ神を祭るお社ということらしいです。
水分社は神社のミニチュアみたいな小さな本殿がかわいらしく、それでいて本格的な神明造が威厳を漂わせています。
山ノ神たちは色々なものが祭られています。興味を引くのは入り口に石組みの祠をこさえた中に祭られている烏天狗のような山ノ神です。
常夜灯 黒田山を過ぎて佐奈川を渡ると西池上の集落に入ります。
今にも崩れそうなお寺の壁などの脇を抜けていくと常夜灯が現れます。
四疋田のそれよりは小さいものの優雅で落ち着いた佇まいです。
東池上東池上の集落です。
細い道が色々あって看板がなければどちらが伊勢本街道か分からなくなってしまいますが、ところどころこのような看板が立っています。
土羽東池上(ひがしいけべ)の集落を抜けるとダイヘンの大きな変圧器工場(シャープがデカすぎるだけでここも十分に大きな工場です。)があり、この工場にアクセスする道路を越えると土羽茶屋(とばぢゃや)の集落です。
集落は小さく昼も暗く茂る竹やぶや柿木畑の方が印象に残ります。
土羽 この辺りは舗装されておらず当時の面影を残す切通しの古道になっています。
また分かれ道でも道標はなく寂しい限りです。
伏し拝み坂今の道のように舗装もされていないし軽くてクッションの効いたウォーキングシューズも無い時代の旅の大変さは全然想像ができません。
左手の崖の上に文政10年に建てられた石灯籠があります。
10伏し拝み坂 お伊勢参りの旅人がここで伊勢神宮までの道のりを尋ねたところ「三里山道 五里畷(なわて)」と聞き、ここで挫折して東の伊勢神宮の方を伏し拝んで引き返したという言い伝えがあります。
写真は画像補正をしているので明るく見えますが、木々の枝が垂れ込めていて薄寒く昼間なのに夕闇のような明るさでした。
昼間でも下草が良く見えないぐらいの暗さの山道を徒歩で参拝に向かった古人たちの信仰の強さに驚かされます。
11土羽真っ暗な砂利道を下っていくと明るいところに出ることができました。
12宝来講上田辺(かみたぬい)の榛原神社の裏手にでました。
奈良大学の宝来講の講座の学生が残していった小さな道標を辿ると更に道は続いていますが今回はココで一旦終了です。


お勧めのコース

峠越え
 女鬼峠
 潮見峠
珍布峠
藤越

伊勢本街道
 飼坂峠〜櫃坂峠
 櫃坂峠〜津留
 津留〜相可
 上田辺〜度会橋

伊勢街道
 松阪〜櫛田橋
 櫛田橋〜宮川橋
 度会橋〜内宮

櫛田川
 多気〜河口
 勢和地区

和歌山街道〜和歌山別街道
伊勢の和スイーツめぐり


この道にお勧めの自転車

クロス


ランドナー

スポルティーフ




三重県内のプール 伊勢本街道を走る