自転車はエコ


伊勢本街道を走る 


目次

トヨタの嘘

blogの方でトヨタのエコ替えキャンペーンに付いて書いたエントリーが安定して高いアクセスを集めています。
趣旨は、トヨタのエコ替えのCMでは新しい車の方がエコであるから未だ乗れる車であっても新車に乗り換えようと呼びかけているのに対して、新車を作るために排出される地球温暖化物質の量は燃費の改善分以上に大きいので多少燃費の悪い車でも長く乗った方がエコであるというものです。

自動車の生産に伴い排出される地球温暖化物質の量の計算

自動車製造業における地球温暖化対策の取り組み」(2007年1月31日:社団法人 日本自動車工業会)
この資料から2005年度の4輪車の総売上が会員企業全14社で18兆円、生産台数が1089万台、CO2排出量が575万トンということが判明。
ここから、総売上÷台数=165万円/台、CO2排出量÷台数=0.528トン/台ということが導かれました。
もう一つの資料、6月の月刊省エネルギー(財団法人省エネルギーセンター)では日産自動車のグループ内の製造原単位のグラフから0.7トン/台でした。
以上の数字は自動車工業会の会員企業が完成車販売メーカーであること、この中には軽自動車も含まれていてトヨタのエコ替えで対象としている小型普通車は軽自動車よりも多く製造にかかるエネルギーを消費していること、日産は軽自動車を製造していないこと以上から、小型普通車を組み立てるのに必要なエネルギー消費に伴う地球温暖化ガスの排出量は炭酸ガス換算で1台辺り約700kgと推定できました。

自動車部品工業会における地球温暖化対策の取り組み」(2007年10月17日:社団法人 日本自動車部品工業会)
こちらの資料では企業数12570事業所ある業界規模に対して、480社の加盟がありそのうちの227社が温暖化対策の自主行動計画参加と言うことです。
12570事業所の出荷金額が22.45兆円、参加227事業所の出荷金額が14.77兆円と言うことなので約65%のカバー率と成ります。
この業界に占める65%の企業のCO2排出量は2005年度で715.7万トン
715.7÷0.65=1101万トン
1101万トン÷1089万台=1.011トン/台
以上から自動車部品の製造に伴って排出される地球温暖化ガスは1台辺り約1000kgと推定できました。

実際には自動車部品工場から自動車組み立て工場に運ぶトラック輸送の排出量があるのでもっと大きな数字になると思いますが、とりあえず以上の計算により自動車一台を作るのに伴って排出される二酸化炭素は1,700kgであると推定します。


エコ替えは本当にエコ替えか

同じ排気量の車を10年前の車と比較してみます。
10年前現在改善分
3000ccクラスクラウンロイヤルサルーンクラウンロイヤルサルーン
燃費(10.15モード)9.4km/L11.8km/L2.4
CO2排出量(kg/km)0.2470.1970.050
10年前現在改善分
2000ccクラスマークUグランデアベンシスXi
燃費(10.15モード)11.6km/L13.0km/L1.4
CO2排出量(kg/km)0.2000.1790.021
10年前現在改善分
1500ccクラスカローラワゴンLカローラフィールダー1.5X
燃費(10.15モード)14.2km/L18.0km/L3.8
CO2排出量(kg/km)0.1630.1290.034

いずれのクラスでも10年前の車より今の自動車の方が燃費が良く、走行距離辺りのCO2排出量は小さいです。
この点では「新しい車はエコ」と言えます。
では、新車製造にかかる二酸化炭素排出量をそれぞれの改善分で割ってみるとどうでしょうか。
こうすることで何km走ればエコ替えするメリットが出るのか分かるはずです。
CO2排出量改善分(kg/km)何km走ればエコ(km)
3000ccクラス0.05034,000
2000ccクラス0.02180,952
1500ccクラス0.03450,000

意外に沢山走らないと新車製造にかかる排出量分を削減できません。上記の「何km走ればエコ」の走行距離以下では新車に乗り換える方がCO2が増えてしまいます。これでは「未だ走れるけど燃費が良いからエコ替え」とはならないでしょう。

やっぱり自転車はエコ

本当のエコ替えはエネルギーを大量に使う自動車から公共交通機関や自転車にモーダルシフトすることだと思います。

旅客輸送機関別の二酸化炭素排出原単位」交通エコロジーモビリティ財団
二酸化炭素排出原単位(g/人km)自動車からの乗換効果
自家用乗用車1730%
航空11136%
バス5171%
鉄道1989%
自転車100%

「自動車からの乗換効果」は自家用車から乗り換えた場合どれぐらいの割合で二酸化炭素を削減できるかを現します。
日々の通勤を自動車からバスに変えるだけで70%以上も削減できるのです。
バスならば鉄道を引くような大規模なインフラ投資が必要なく、自家用車が減ることで渋滞緩和にもなり、非常に環境のためには良い交通手段だと言えます。
ただし、バスは路線系統がわかりにくい、遅い時間に運行していない。本数が少なくて乗換が不便、渋滞に巻き込まれて時刻表がアテにならないなどの問題もあり、乗換案内サービスとの連携強化などで利便性が向上しないとこれ以上の普及は難しいと思います。
鉄道は建設に膨大なコストがかかるため大都市近郊の大量輸送でないと採算が取れません。大都市近郊以外では自家用車の代わりには成らないでしょう。
その点、自転車は使いたい時に使える利便性を持っていて、しかも運用中は二酸化炭素を排出しません。
製造時に少し二酸化炭素を排出するだけで非常にエコです。
では自転車の製造時に排出される二酸化炭素はどのぐらいでしょうか?

ブリヂストンサイクル株式会社国内環境データ
この資料から自転車製造にかかるCO2排出源単位は1.4トン/千万円(売上高)です。
売上高479億円 (2006年度)、販売台数は約118万台(2005年)らしいので1.4×4790÷1180000=0.00568トン/台
1台辺り5.68kgということになります。
この値も部品製造にかかる原単位が含まれていませんが、高級品でこそシマノが作っていますが、多くは中国・台湾からの輸入という事情を考えると厳密には計算のしようがありません。
そこで、乱暴な計算ですが自動車の組立と部品製造の割合を当てはめて計算してみます。
5.68×1700÷700=13.8kg
自動車の123分の1の排出量です。
やはり、圧倒的に環境負荷が小さいです。
本当のエコ替えは自動車から自転車に乗り換えることではないでしょうか。




伊勢本街道を走る

掲載した情報は私が独自に調べた物です。もし、間違いやお気付きの点が有ればblogの方にコメントしていただけると助かります。