クロスバイクとは


伊勢本街道を走る



クロスバイクの解説です。
マウンテンバイクとロードレーサーの長所を掛け合わせて生まれた自転車です。

中間なのでマウンテンバイク寄りの物とロードレーサー寄りのものが有ります。
一般的にマウンテンバイクよりの物をクロスバイク。
ロードよりの物をシクロクロスと呼んでいます。

クロスバイクには昔流行ったランドナーの流れからハンドルがフラットバーになったフィットネスバイク。
コンフォートバイクと呼ばれるママチャリをスポーティにしたような自転車もあり幅広いジャンルとなっています。
シクロクロスにもシクロクロスと呼ばれるオフロードで行うロードレース用の本格的なモデルから泥除けの付いていないスポルティーフのようなものまで色々です。

クロスバイクの特徴

マウンテンバイクほど本格的な悪路は走らないけど舗装の所々穴の開いた道や歩道の段差が多いところでも大丈夫な自転車が欲しい。
ママチャリはそろそろ卒業してもう少し遠くまで自転車で行きたい。
健康のため自転車通勤してみようかな。
こんな要望を叶えるのがクロスバイクだと思います。
色々な要望に応えられる分なんでもアリな、コレがクロスバイクの特徴というのが無いのが特徴です。

タイヤ

24インチ又は26インチ、700Cもあります。
幅は26インチなら1.5インチぐらい、700Cなら28Cから35Cぐらいが多いけど特に決まりはありません。
ブロックパターンの有るものもありますが、舗装路を考慮してセンター部分だけスリックになっているものが多いようです。

泥除け

街乗り重視なら付けておくのをお勧めします。
街乗り重視のモデルでは最初から付いていることが多いのですが、マウンテンバイク用のものやロード用のもので転用も可能です。
選ぶときはタイヤの径と幅を確認のうえ選ばないと付けられない事も有るので注意が必要です。

ブレーキ

Vブレーキ、カンティ、キャリパー、ディスクと何でもアリです。

フレーム

街乗り重視ならあまり前傾姿勢にならないものがいいでしょう。
素材はクロモリ鋼がお勧めです。
重たくなるのでフロントサスペンションは無いほうが快適だと思います。

ハンドル

フラットバーがクロスで、ドロップハンドルがシクロクロスみたいな分け方も有るようですが、そんな分類をしていないことも多いです。
5kmぐらい走るだけならフラットバーにAlivioのRAPIDFIREプラス シフト/ブレーキレバーセットぐらいが付いているのが操作が簡単で快適です。
10km、20km走るとフラットバーハンドルでは手首が痛くなるのでエンドバーを付けて持ち方を変えられるようにするか、ドロップハンドルを選びたいです。

コンポーネント

ロード系のコンポーネントでもマウンテン系のコンポーネントでも良いし、シティサイクル車用のコンポーネントを使っているものも有るようです。
ようは何でもアリ

ペダル

座面の大きなフラットペダルかケージ型ペダルが扱いやすいです。
10km以上走ることが多く有るのであれば片面だけビンディングの付いたペダルもあります。結構お勧めです。

SHIMANO (シマノ) PD-M324SPDペダル

クロスバイクを入手する

おしゃれな街乗りから本格的なスポーツタイプまでいろいろです。
ビアンキ
PRIMAVERA-M

フレームと同色塗装の泥除けとチェーンガードがおしゃれです。
通勤や通学に使いやすい自転車です。
ビアンキ
PRIMAVERA-L

トップチューブが下がっているのでスカートをはいているときも乗りやすい女性向けモデル。
GIOS
CELE(チェレ)

700X28Cという細身のタイヤにフロントサスペンションを組み合わせた珍しいタイプのバイク。
GIOS
LIEBE(リーベ)

泥除け、チェーンガードつきでトップチューブが下がっているのでスカートをはいているときも乗りやすい女性向けモデル。
外装7段変速にこぎ出しの軽い26インチホイール。
RALEIGH
マリオン クラッシック

街乗りに快適なバイク
ドロヨケを標準搭載し雨上がりの水溜りもへっちゃら
700X35Cタイヤとフロントサスペンションの組み合わせは歩道の段差も気になりません。

お勧めの自転車
ランドナー
ロードレーサー
マウンテンバイク
ミニベロ・小径車
通勤通学用自転車
自転車メーカー


ページの先頭

伊勢本街道を走る

掲載した情報は私が独自に調べた物です。もし、間違いやお気付きの点が有ればblogの方にコメントしていただけると助かります。