大規模自転車道 県道777号松阪伊勢自転車道線

その2

三重県内のプール 伊勢本街道を走る



いったい誰がこんな道を走るのか?
本気で「交通事故の防止と交通の円滑化に寄与し、あわせて国民の心身の健全な発達に資する」ために作ったのか?
行政は自転車文化を普及させたいと思っているのか?。
疑問だらけの大規模自転車道 県道777号松阪伊勢自転車道線

今回紹介するコースは、松阪市京町と伊勢市本町を結ぶ大規模自転車道41.2kmです。
今回紹介するルートは本来であれば最もお勧めできるはずのルートですが、どういう意図で作ったらこんな中途半端で使えないものが出来てしまうのか知りませんが一部の「酷道・険道マニア」だけにしかお勧めできない代物です。
段差の多い歩道区間、突風吹きすさぶ堤防道、目印の無い田圃の畦道、浮世と隔離された孤独な川沿いの道、交通量が多くても歩道の無い県道との共用区間、石畳のような海岸沿いの防波堤の上、いきなり草茫々の未舗装路になる獣道。
バラエティに富みすぎていて走行に適した自転車は見当たりません。
惑々の不思議ワールドへようこそ


斎宮駅→サニーロード→田丸→上地町→度会橋→伊勢市駅

サニーロード 明和町の中心部を抜けるとサニーロードです。
交通量が多く飛ばしている車も多いので歩道を走ったほうが無難そうです。
サニーロード サニーロードを表す県道530号線の標識の下に777号線もありました。
田丸 田丸小学校の裏の小道が777号のようです。
車さえ来なきゃこの方が走りやすいです。
外城田川 外城田川沿いの道は歩道が広いうえに段差が無くて走りやすかったです。

外城田川 外城田川を渡る橋。
うっかり見落とすところでした。
上地町 田んぼと牛小屋の間をくねくねとするルートですが、標識が全く無く正しく県道777号線を走れているのかとても不安です。
上地町 全く目印も無く、この道が真直ぐ続いている保証も無く激しく不安になります。
何度か試行錯誤の末、この先で曲がるのが正解のようです。
上地町 本当に正解だったか不安ですがなんとか道は続いています。
前方のアパートのところでT字路になっているようなので左折してみました。
県道鳥羽松阪線 なんとか県道鳥羽松阪線に出ることが出来ました。
出たのは良いけれど、横断歩道も無く仕方なしに無理やり横断することになりました。
無理やり横断しないと車線を逆走することになり非常に危険です。
どっちにしても危険度が高く、事故の誘発と交通の混乱に寄与することを目的として作られた道に思えます。
10県道鳥羽松阪線 申し訳程度の歩道が有りましたが、側溝の幅しかなく対向車が来たら避けることが出来ません。
対向車が来なくても縁石にペダルをぶつけて怪我をしそうな状況です。
11度会橋度会橋の直前で申し訳程度あった歩道は消滅します。
車道の右折車線を作るためのようです。
12上口度会橋を渡ると片側3車線の広い道になり、歩道も幅の広いものになります。
しかし、歩道と車道の段差が高くとても安全に走れる道ではないです。
車輪の大きな私の自転車でも難儀ですから、車輪の小さなママチャリや車椅子の場合は相当大変なはずです。
13伊勢市駅終点の伊勢市駅前です。
伊勢市に入ってからは777の標識は見かけませんでした。
今回は松阪から伊勢に向かう方向で走りましたが、今度伊勢から走って迷わずに完走出来るかというと、あまり自信が有りません。
それぐらい分かりにくくて不親切な険道です。

険道には必要かも

ハンディGPS

保護具は万全の備えで

三重県の美味しいものを御紹介

伊勢は茶所です。

名産松阪牛。

櫛田川は鮎の産地

ページの先頭に戻る
その1に戻る

三重県内のプール 伊勢本街道を走る