大規模自転車道 県道777号松阪伊勢自転車道線

その1

三重県内のプール 伊勢本街道を走る



いったい誰がこんな道を走るのか?
本気で「交通事故の防止と交通の円滑化に寄与し、あわせて国民の心身の健全な発達に資する」ために作ったのか?
行政は自転車文化を普及させたいと思っているのか?。
疑問だらけの大規模自転車道 県道777号松阪伊勢自転車道線

今回紹介するコースは、松阪市京町と伊勢市本町を結ぶ大規模自転車道41.2kmです。
今回紹介するルートは本来であれば最もお勧めできるはずのルートですが、どういう意図で作ったらこんな中途半端で使えないものが出来てしまうのか知りませんが一部の「酷道・険道マニア」だけにしかお勧めできない代物です。
段差の多い歩道区間、突風吹きすさぶ堤防道、目印の無い田圃の畦道、浮世と隔離された孤独な川沿いの道、交通量が多くても歩道の無い県道との共用区間、石畳のような海岸沿いの防波堤の上、いきなり草茫々の未舗装路になる獣道。
バラエティに富みすぎていて走行に適した自転車は見当たりません。
惑々の不思議ワールドへようこそ


松阪京町→宮町→高町→高須町→松名瀬→八木戸橋→大淀→馬之上→明和役場→斎宮駅

松阪京町 松阪市京町の近鉄の踏切を渡ると大規模自転車道 県道777号線の始まりのはずです。
しかし、標識の類は一切ありません。
それにしても、自転車はどこを走ったら良いの?
京町1区 京町1区のマックスバリュー前です。
国道42号線と共用区間です。
歩道と車道の段差があるうえ歩行者もたまに居るのでスピードが出せません。
高町 高町のあたりは歩道が凸凹でやや危険です。
コレから先の「険道」ぶりからすれば5cmの段差がいきなり有っても驚いちゃいけません。
愛宕川 国道23号線をくぐるとひっそりとした川沿いの道です。
あまり整備されているとは言えませんが、ある意味この方が自転車としては走りやすいです。
愛宕川 愛宕川の河口部の堤防道路へ出ました。
両側はかなり高低差のある急な崖で風の強い日はむちゃくちゃスリルがあります。
怪我をしたくなければ他の道に周ったほうが良いでしょう。
昭和橋 金剛川河口の昭和橋です。
ここは柵があるのでちょっとだけ安心です。
高須町 昭和橋を渡って直ぐのところを右折するのがルートのようです。
今回のルートで始めて県道777の標識が見えてきました。
標識 県道777の標識近影です。
しっかりと「自転車道」を明記されています。
浄化センター 工業団地を抜けて浄化センターに突き当たったところで左折するとこんな堤防道に出ます。
ここも両側が何も無い崖なので風の強い日は成人男子でも危険です。
もちろん小さなお子さんにとっては良く晴れたサイクリング日和でも危険です。
10浄化センター 浄化センターの先っちょにはちょっとした干潟のある公園が有って潮干狩りが出来るようです。
駐車場が整備されていましたが季節外れのため廃墟のような静けさでした。
この道を降りなければならないのですが、公園の静けさに物思いにふけっていたら通り過ぎてしまいました。
11オートキャンプ場オートキャンプ場の脇の道です。
年に数日は賑わうんでしょうね。
12高須町オートキャンプ場の脇の道を走っていくと妙な道と交差します。
同じような道幅の道が縁石で仕切られています。
交差点には何の案内もありませんがどうやらここで曲がるのが正しいルートのようです。
13高須町しばらく走ると標識が見えてきました。
14西黒部 田んぼの中の不思議な道をしばらく走ると西黒部の集落に入ります。
公式のルート案内では真直ぐ走る公民館の前の道ではなくちょっと迂回しているのでその通りに迂回したルートを走ってみましたが、どのような意味で迂回しているのか良く分かりませんでした。
15西黒部 今来た道を振り返ってみましたが、何の標識も無く今来た道も良く見えないほどです。
伊勢方面から走ってきたらきっと迷うことでしょう。
ちなみに、写真中央付近の標識のところを左折します。
16新松名瀬橋 新松名瀬橋はちゃんと側道があるので安全に走行できる数少ない区間です。
17松名瀬 櫛田川右岸の堤防道路に出ました。
堤防でも幅が広いためか車の往来が多く緊張します。
18松名瀬海岸 松名瀬海岸のあたりは護岸工事をしたばかりなので路面が荒れていなく走りやすいです。
夏場には気持ちよく走れそうです。
19川尻 快適に走れる部分はあっという間に終わり、残りはこのような石畳のような荒れたコンクリート道になります。
細いタイヤではかなり無理がありました。
20北藤原 北藤原地内で堤防とお別れして田んぼの中に戻ります。
しかし、自転車道と整備しておいて「車両進入禁止」というのは変じゃないですか?
法律的には自転車は「軽車両」という車両だと思ったのですが気のせいでしょうか。
21下御糸 下御糸郵便局のあたりです。
自転車道と言うよりは農作業道路として使われることの方が多いようでトラクターの走った跡が沢山ありました。
22八木戸橋 八木戸橋の隣には歩行者と自転車のための側道橋がありました。
23大淀 大淀の地内に入ると歩道は無くなります。
歩道は無くても車の往来が少ないので全然問題なく快適に走れます。
24大淀 先ほどの交差点を渡ったところで標識がありました。
どうやらこの道が県道777のようです。
25山大淀 田んぼの真ん中でもない、川沿いと言っても川が見えているわけでもない。
なんだか浮世と隔離された、生活に密着した他の道たちから仲間外れにされたような寂しい道が続きます。
26南勢バイパス 南勢バイパスに突き当たるところでいきなり道が未舗装になっていました。
あと3mぐらいなのに何故?
簡易舗装なら序に出来るような費用しかかから無いのにいきなり舗装が終わっているって工区の設定に問題があるんじゃないの?。
27南勢バイパス 南勢バイパスの下を潜ってみると、なんじゃこりゃ?
本当に自転車道ですか?。
28南勢バイパス 反対側から見るとこの通り。
標識が無ければ道であることすら分からないただの土手です。
29馬之上 またまた寂しい道が続きます。
30公園 隔離された寂しい道を気分を滅入らせながら走っていくとチョッと開けた場所に出ました。
公園として整備したつもりでしょうか?用途の分からない小屋と明らかに植栽したと思われる木とルートマップが有りました。
31ルートマップ ルートマップをクリックすると拡大します。
このマップを頼りに今回のルートを走破出来る人が居るとは思えません。
32笹笛川 ここで今まで大淀からずっと隣を流れていた笹笛川を渡り明和町の中心部へと向かいます。

険道には必要かも

ハンディGPS

保護具は万全の備えで

三重県の美味しいものを御紹介

伊勢は茶所です。

名産松阪牛。

櫛田川は鮎の産地

ページの先頭に戻る
その2へ進む

三重県内のプール 伊勢本街道を走る